酒とデザイン / sake to design
<< concrete craft / BENT | main | Hella Jongerius / B-Set >>
おやき

割と近所に週に一回、土曜日の午前中(それも秋冬のみ)しか営業していない「おやき」屋さんがある。先代がお米屋さんで、合間に「おやき」を焼いていたらしい。去年場所を移し、今は引き続きその息子さんが「おやき」のみ受け継いでいる。お店の名前は…(そういえば、それといって看板もないし屋号も見当たらない)。「おやき」といっても色んな具材が入っているのではなく、直径7cmほどの大きさで、あんこのみ。先代から使われていたであろう小さな焼型をガチャンガチャンと何度もひっくり返して、焼き上がった「おやき」は素朴でありながら、深い甘みが口いっぱいに広がり(老若男女)思わずニヤけてしまう美味しさだ。それも2個で100円!。いつも10数個買って、途中の公園で焼きたてを2個ほど頬張るのがここ近年秋冬のルーティンになっている。残りを数日かけて惜しむように食べるのだが、今日はとうとう最後の一個。早く土曜日が来ないかなぁ、なんて休み明けの小学生(大人も当てはまるか)みたいに思う月曜日の午後。*「おやき」をのせている器はチッパーフィールドのミニプレート。←ココ重要(笑)


http://shop.craftcraft.net/?pid=31313388

この記事のトラックバックURL
http://blog.craftcraft.net/trackback/841
トラックバック