酒とデザイン / sake to design
DESIGN LETTERS + Arne Jacobsen

無限の可能性を秘めたタイポグラフィを美しくプロダクトに落とし込むデンマークのブランド「DESIGN LETTERS」。シンプルなメラミン製のカップに、一文字の大きなアルファベットのコントラストが目を引くデザインになっている。採用しているフォントは、デンマークが誇る偉大なる建築家「アルネ・ヤコブセン」によってデザインされたもの。(1937年にオーフス市庁舎を建築した際に、内部サイン用にデザインされたタイポグラフィ)

シンプルかつシャープな印象を持ちながらも、力強く読みやすいフォントに仕上がっています。小さいお子さんに教育を兼ね備えたキッズテーブルウェアとしても良さそうです。メラミン製なので屋外での利用も気兼ねなく使用でき、シンプルなカップなので、インテリアの一部として小物入れなどにも重宝しそうです。また、イニシャルで組み合わせてギフトにしても喜ばれそうな逸品です。


ウェブショップの商品をアップしました。
http://shop.craftcraft.net/?tid=3&mode=f1
商品掲載のお知らせ

今月号の「Casa BRUTUS」にChristien Meindertsmaによってデザインされたオブジェ「Pigeon Service」が掲載されました。

FOR STOCKISTS EXHIBITION 2016

今年も控えめに「FOR STOCKISTS EXHIBITION 2016」に参加しています。お時間がある方はぜひご来場くださいませ。*バイヤー向けの展示会になります。

元(もと)

テラスで育てていた(といっても水をあげてただけ)剪定したユーカリの枝に合うようなフラワーベースが無いため、適当な空き瓶に挿してみた。確かごま油だか、ビネガー系の空き瓶だったような気がするけど、とても相性がいいなぁと個人的に。人や物でもそうだけれど、「元(もと)〜でした。」を気にしすぎるのもよくないなぁとあらためて。



concrete craft / 8_TRAY / L

欠品していたオリジナルトレーの人気色、グレーLサイズが再入荷しました。A4サイズが入るトレーなので、13インチのノートPCも収納できます。リモコン入れや、リビング回りの細かい収納としても重宝しそうです。


ウェブショップの商品をアップしました。
http://shop.craftcraft.net/?pid=103304881




夏の18時

強烈な西日の中を、かいくぐるかのように薄らと雨が降り、虹を作らせたかと思えば一瞬で消えて行く。蝉が一斉に泣き始め、白と灰色と黄金色の雲が猛烈なスピードで追いかけっこをしているような何かと忙しい18時の風景。鉄塔だけは暮れて行く夏の情景を黙って待っているかのよう。
レンズ

久しぶりにレンズを買った。適当に撮ってみたら、テーブルの上には見事に適当な物ばかり散らばっていた。(Wチーズバーガーなんて何年も食べてないな…。)さておき、なかなか楽しめそうな気配というか気分になるレンズだなぁと。
建築物

半年以上前に閉鎖され、解体する目処も未だに立っておらず、ただただ待ち続けている建築物。なんてことのない集合住宅でも、ふと足を止めたくなる瞬間があるなぁと。




Ronan & Erwan Bouroullec / Oval

サイズや色などバラエティーに富んだ丸い形をした、弾けんばかりの果物が並ぶこの時期の青果屋を見るのが好きだ(特に夏場はアルコールと同様の果物を摂っているような)。さておき話は変わってこのブルレック兄弟がデザインしたボウル。とても好みな形をしている割には、なかなか食卓に登場することはなく、どちらかと言えばキャビネットに置いたりして、そのフォルムを楽しんでいる事が多い。今朝、何気なく昨日買ってきた果物を入れてテーブルに置いて写真を撮ってみた。なんとなくの器の使い道がわかったような気がした。果物の名前は可愛らしい名前だったような気がするけど、毎度のように失念…。


ボルウの商品はこちら
http://shop.craftcraft.net/?pid=37583222


街角

思いついた時には、さぞかしビビッときたんだろうなぁと。(某美容院にて)
| 1/76PAGES | >>