酒とデザイン / sake to design
買わないオブジェ。

庭で植えているユーカリをドライにしたものと、何処かの海岸で拾った小石。枝と石の自然の丸みと、人工的な8角形のトレーとの相性も悪くないなぁと。




トレーはこちら。
https://shop.craftcraft.net/?pid=110143200





Stefan Diez / Kuvert

発色の良いオレンジ色をしたトラベルバッグは、室内で使っても良さそうな佇まいです。 すでに廃盤品ですがデッドストック品になります。



【¥15,000→¥8,000】Outletに追加されました。
https://shop.craftcraft.net/?pid=139618141






Sound Trek / Driade

イタリアの家具メーカー「Driade」の雑貨ライン「D House」より90年代から2000年前半頃に生産されていたと思われるCDスタンド「Sound Trek」。CDが斜めに飾られる(宇宙船にも見えなくも無い)ところからSF映画の「Star Trek」から引用されたものだと連想されるネーミング。スチールロッドで形成され、主張し過ぎないシンプルなCDスタンドはどのようなインテリアでも合いそうです。


ウェブショップの商品はこちら。
https://shop.craftcraft.net/?pid=150215403



Jens Quistgaard / Crown

1960年代にデザインされた「CROWN(王冠)」と名付けられたキャンドルホルダー。デザインしたのはDANSKの創設者でもあるイェンス・H・クイストゴー。ずっしりとした重厚がありシルバープレート製で鈍い輝きが存在感を増す美しいオブジェのような佇まいです。本来のキャンドルをさすという行為を忘れても良いかも、なんて思わせる単体で独立した力強さが感じられる北欧らしいキャンドルホルダーです。



ウェブショップの商品をアップしました。
https://shop.craftcraft.net/


Tapio Wirkkala / Polygon

ドイツのローゼンタール社よりフィンランドのデザイナー、Tapio Wirkkalaによってデザインされた「Polygon」シリーズ。白磁の12角形をした極めてシンプルなプレートです。リム部分から中央に向かってなだらかにカーブを描いているのでエレガントな佇まいに。また角面が多いので持ちやすい設計にもなっています。テーブルに置くと、ぐっと華やぐようなデザインです。



ウェブショップの商品をアップしました。
https://shop.craftcraft.net/



商品掲載のお知らせ

ウェブマガジン「OPENERS」にオリジナルの新色「BENT」が掲載されました。



ウェブマガジンはこちら。
https://openers.jp/design/design_product/20200307-concretecraft


Schott Mainz Jenaer Glas / Tumbler

1980年代製と思われるシンプルなカップはドイツの耐熱ガラスメーカー、イエナガラスによるもの。実験器具などを連想させるミニマムな佇まいが特徴。その理由の一つとして挙げられるのが、イエナガラスは1884年に光学機器を製造するガラス会社としてスタートさせたのちに、家庭用品を製造するに至った歴史がある。冷たいお飲み物はもちろん、カップホルダーを付けると温かいお飲み物まで楽しむ事が出来るカップです。残念ながらカップホルダーの損傷は見られませんが、色あせが目立つ箇所が有りますがご利用には問題ありません。薄くて繊細な作りでありながら、どっしりとした安定感のある美しいカップです。


ウェブショップの商品をアップしました。
https://shop.craftcraft.net/

Kaj Franck / 2744 Tumbler

ガラス職人による拭きガラス技法によって1955年から67年にかけて製造され、今現在は「iittala社」より販売されている「KARTIO」の原型にもあたる「2744 タンブラー」はカイ・フランクによってデザインされました。繊細なガラスの厚みとシャープでありながら手に馴染みやすいグラスは、非常にノーマルかつ普遍的で時代を超えて多くの人々に愛されてきている理由を肌で感じとることができるグラスです。


ウェブショップの商品をアップしました。
https://shop.craftcraft.net/?pid=74522487





Luigi Colani / 2001 Collection

1980年代に日本の陶磁器メーカー「たち吉」より発表されたテーブルウェアシリーズ「2001 Collection」。自然界に純粋な直線は無いと信念の元、数多くの有機的な工業製品を世に生み出したルイジ・コラーニ。艶ありの非対称なカップと、卵を模したようなマットな質感のソーサー(茶托)が印象的なカップ&ソーサーです。オーガニックなフォルムの美しいシルエットは約30年前のデザインとは思えないほど。現代のライフスタイルに80年代のデザインをワンポイントとして取り入れるのも愉しそうです。



ウェブショップの商品をアップしました。
https://shop.craftcraft.net/



concrete craft / 8_TRAY、BENT【2020年限定色】



オリジナルブランド(concrete craft)より8_TRAYとBENTの限定色が発売となりました。トレー(ボックス)自体がインテリアの一部になりそうな鮮やかなブルー色です。差し色としてコーディネイトしても愉しそうです。


ウェブサイトはこちら。
https://shop.craftcraft.net/


| 1/93PAGES | >>